結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略

婚活して結婚して幸せになりたい人向けに結婚戦略や戦術、ブライダル関連の情報をまとめます。

結婚の挨拶・報告

自分の親へ結婚の報告をするのが気まずい時の魔法のフレーズ

投稿日:2016年3月9日 更新日:

5253c305ff09f0302cdf29fd8edbfc5a s

結婚することを決めたらまずは親への報告です。

が、自分の親へ結婚の報告をするのが気まずい人もいると思います。自分の親なのに・・・という感じもしますが、距離が近い分、照れだったり、恥ずかしさだったりがあったりと人によってさまざまだと思います。

なので、自分の親への結婚の報告をスムーズにする方法をまとめてみます。

「今度、相手を連れてくる」のフレーズで親が察する

自分の親との関係、距離感は人によって様々だと思います。距離が近い親子もいれば、なんか気まずい感じの親子もあると思います。実家を出て何年もたっていて、ほとんど実家に帰らない、連絡もしないなんて人もいるでしょう。

親との距離が近かろうが遠かろうが、親に気まずくなく結婚を伝える魔法の言葉があります。それが、

「今度、相手を連れてくる!!!」

です。さらに、「会ってほしいんだよね」と付け加えれば完璧です。

親との距離が近くても遠くても、このフレーズで親は100%理解します。理解しない親はいないと言い切ってもいいと思います。

※アナタの年齢が若い場合(23歳以下)は結婚とまでは理解されない可能性もありますね。
(彼女紹介、彼氏紹介、くらいの軽い感じに受け止める親もいるかも・・・です。その可能性はあります。)

母親に先に報告するとスムーズ

自分の親に結婚を報告する場合はで気まずい場合は母親をスムーズにするとやりやすいです。

父親はどうしても、一家の決定権者のため、少しタイミングが悪かったり、伝えるフレーズにアクシデントがあるとトラブルの元です。その点、母親はイザというときにアナタのフォロー役になってくれます。

母親は子供の結婚に父親と比べて前向きです。なので、母親に報告して、母親から父親に伝えてもらい、改めて父親にアナタの口から報告をすると、メチャクチャスムーズです。

プロポーズの後の早いタイミングで伝えるべき

自分の親に結婚の報告をするのは、プロポーズの後のなるべく早いタイミングがオススメです。プロポーズの後であれば相手の熱も高いので色々と協力してくれるでしょう。

結婚の挨拶に来てもらうときに、そのタイミングに合わせて、自分の親への結婚の報告もできます。気まずくても勢いでいけます(笑

気まずさは、最初の一歩だけが問題なだけですよね?イザ、伝えるきっかけさえ用意できれば後は問題ないハズです。

最後に

自分の親とのコミュニケーションが全く問題ない人からみれば、親に結婚を伝えるのなんて、簡単すぎることで悩むことなんてまったくないでしょう。

でも、微妙に気まずい理由が人それぞれでありますよね?

「喧嘩してる」
「何年も連絡してない」
「ずっと口をきいていない」



などなど、本当に人それぞれあると思います。でも、自分が結婚する相手からしても義父、義母になる人との関係は良好でありたいと思うでしょうし、応援してほしいと思うハズです。

だからこそ、自分の親への報告というのは大事なものです。「ケジメ」です。

「結婚する!!!」というフレーズが1番気まずいハズです。

気まずい思いも「今度相手を連れて行く」「会ってほしい人がいる」と口にするだけでOKです。このフレーズなら言いやすいハズです。両家の親に応援されるのが幸せな結婚です。少々の気まずさなんて乗り越えてください。

よろしくお願いします。

結婚を意識し始めたらゼクシィに登録しておくと便利

結婚を考えるようになったら早めにゼクシィに登録しておくと本当に便利。

「自宅近くのお店はどこにあるのーーーーー。わからないことはどこで調べたらいいの……(涙)」

結婚式場の見学、ブライダルフォトスタジオ予約、婚約指輪、結婚指輪の下見、エステ、他にも結婚に関することがぜーーーーーーんぶ、簡単に調べられます。

いくら時間があっても足りないなかで、本当に助かるサイトだと思います。

オト
私はゼクシィに登録ていたおかげで、友達と比べてネットでお店を探す時間が10の1くらいですんで凄く助かった。

-結婚の挨拶・報告

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2019 All Rights Reserved.