結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略

婚活して結婚して幸せになりたい人向けに結婚戦略や戦術、ブライダル関連の情報をまとめます。

婚活に関すること

ベビーカーを押している友達に嫉妬したら自分の婚活のエネルギーにする

投稿日:2017年4月30日 更新日:

こんにちは、オトです。

「ベビーカーを押しながら旦那さんと近所を歩いている同級生……」を見かけて嫉妬してしまった経験ってないですか?

30代40代で婚活をがんばってもなかなか上手くいかない自分がいる一方で幸せそうな同級生を見かけて思わず隠れてしまう自分に惨めな思いをすることがあります。

こんなとき自分のメンタルが折れそうになります……。どうすればいいのでしょうか?

この記事は地元に住んでいて婚活をがんばるけど、上手くいかない女性に読んでほしいと思っています。

婚活中の友人に対する嫉妬をエネルギーに変える

同級生の幸せな姿を目にしてしまうと嫉妬してしまう……。

あるあるです。もう、普通のことです。

でも、その嫉妬を自分のエネルギーに変えることが大事です。

既婚の友人に相談してみたら意外と悩みがあることに気がつく

周りの友人ばかりうらやましいように見えてしまっても、正直にそのことを打ち明けると以外な反応が返ってきます。

「アナタはうらやましいっていうけど、悩みはいっぱいあるよ。」

と言われるでしょう。

ほとんどの悩みが旦那さんや子供も対しての悩みです。

・自分の時間が取れない
・育児が苦痛
・旦那さんが家事を手伝ってくれない
・家計が苦しすぎてツライ
・義両親との関係が悪すぎてツラい

こんな感じでかなり、かなり、かなーーーりのストレスを抱えていて、「結婚は結婚で大変なんだな……。」とか「幸せそうに見えてもけっこう悩みってあるんだな」ということに気が付きます。

別に他人と比べる必要なんてない

婚活をがんばっているアナタにも幸せそうに見える友人にもどちらにも悩みはあります。

「他人と比べる必要なんてない!!!」

このことにどのタイミングで気がつくことができるかです。

他人と自分を比べているときって、他人の羨ましい部分と自分のツラい部分を比べます。決して、他人のツラい部分を込みでの比較はしません。

そういう比べ方をしても本当に比べたことになんかなりません。それに、比べて惨めな気持ちになるくらいなら、割り切って、「比べない」ことを実践したほうがいいでしょう。

アナタが友人とアナタを比べているだけで、周りの人はアナタが思うほどアナタのことを気にしてないし興味もありません(笑)

オト
私は、人と自分を比べることをヤメるようになってから婚活のプレッシャーが一気になくなりました。

「どうしよう……私全然ダメじゃん!!!」って思っているときは婚活は苦痛しかなかったし、プレッシャーしかなかったけど……。

それに、他人と比べないクセがついてからは、何でも「人は人、自分は自分」と思えるので心が穏やかです。(嬉涙)

今できることをがんばるだけ

結局、どれだけ嫉妬しても、他人と比べて惨めな思いになったとしても、アナタができることは1つだけです。

・今できることをがんばる

これだけです。

友人がベビーカーを押しながら旦那さんと歩いている姿がうらやましいと思うなら、アナタは「婚活をがんばる」ということが今できることです。

「婚活をがんばる」と言っても、がんばる方法は色々あります。

・お見合い、婚活パーティー、合コン、紹介に積極的に参加する
・結婚相談所に登録して担当アドバイザーの話を聞きにいく
・自分の見た目を研究する
・自分の内面を改善する
・既婚の友人に相談に行く
・実家を出て一人暮らしをする
・気持ちのリフレッシュをする

などなど、やれることは山ほどあります。結局はどれだけうらやましい思いになっても嫉妬しても「行動する」しかアナタが幸せになる方法はありません。

オト
「どれだけ待っても30代40代で白馬に乗った王子さまは登場しない」と思ったほうがいいです。

がんばって行動した女性だけが嫉妬の気持ちを克服できるのだと思います。

自分の部屋が汚いと心が病む……。

簡単な小技ですが、友人の幸せそうな家族をみて嫉妬するときは「部屋の片付け」をしてください。

特に汚部屋状態の人はすぐにキレイにするべきです。部屋が汚いと心が圧倒的に病みます……。

汚い部屋でコンビニご飯やカップラーメンを食べる……もしそんな生活をしている人がいたら、それは他人を見てうらやましいとか嫉妬しているとかではなくて心が病んでいるのです。……。

オト
「独身女性の部屋が汚い……」このことが理由で心が病んでいたり、すさんでいたりするのが本当に多い。

実家を出て一人暮らしをするのも婚活としてあり

友人の家族を連れている姿に嫉妬する人は思い切って実家を離れるのも婚活として立派に「アリ」です。

20代ならともかく、30代40代で実家って婚活が上手くいかないことの原因の1つです。実家にいるとお金もそれほど必要ないし、何よりラクです。

もちろん、親のプレッシャーが強い場合は居心地が悪いこともあるのでしょうが、それさえ無いのであればもうかなり居心地がいいことは間違いありません。

30代になっても40代になってもズルズルと実家にいることに慣れてしまった場合は、1人暮らしをすることを真剣に検討するべきです。

地元を少しでいいので離れてしまえば、友人がベビーカーを押していたり、旦那さんと幸せに歩いているのを見て嫉妬してしまうことも防げます。

そうすれば、婚活に没頭して幸せを掴む可能性が増えます。自分の幸せは行動することでしか掴めません。

オト
嫉妬してしまう自分を「危機感」という名前のパワーに変えてがんばる。それしか嫉妬を解消する方法はないのです。
実家に住んでいるとチャンスが減る?婚活女子の実家住まいの問題点を考えてみた

こんにちは、オトです。 実家に住んでいる婚活女性と1人暮らしの婚活女性の場合、確実に実家に住んでいる婚活女性の方が成功率が低いです。 30代40代で実家住まいの場合、結婚への意欲が少なかったり、理想が ...

嫉妬している自分を認めてラクになる

友達に嫉妬している自分を素直に認めてあげると自分の心が一気にラクになります。

ただし、「悔しい気持ち」や「惨めな気持ち」を抱えた状態で嫉妬していることを認めても意味がありません。

「あ~、私、嫉妬しているんだ……。そうだよね、嫉妬してる……でもがんばるしかないか」

こうやって、前を向いた状態で嫉妬心を認めるとメンタルがラクになるということです。

自分の気持ちが落ちていたりイライラしている状態であれば「悔しい」とか「惨め」とか思っている証拠です。

上でも書きましたが、他人と比べる必要なんてないことに気がつくべきなのです。嫉妬することも婚活をすることのパワーに変えることができるかどうかはアナタ次第ですが、大事なことだと思います。

まとめ

「ベビーカーを押している友達に嫉妬したら自分の婚活のエネルギーにする」をまとめます。

●婚活中の友人に対する嫉妬をエネルギーに変える

・既婚の友人に相談してみたら意外と悩みがあることに気がつく
・別に他人と比べる必要なんてない

・今できることをがんばるだけ
(自分の部屋が汚いと心が病む……。)
(実家を出て一人暮らしをするのも婚活としてあり)

・嫉妬している自分を認めてラクになる

オト
婚活はハッキリ言って苦行です。20代で始める婚活と30代40代で始める婚活はワケが違います。

20代は入れ食い状態、30代40代は修行です……。

幸せそうな友達をみて嫉妬する気持ちももちろん理解できますが、それでも自分が自分のためにがんばるしかないのです。嫉妬する気持ちをエネルギーに変えて前に進みましょう。

行動あるべし!!!

人気アプリ:ゼクシィの婚活アプリ、インストールしてみてください。
ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

無料posted withアプリーチ

-婚活に関すること

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2019 All Rights Reserved.