ブライダルフォト

【まとめ】ブライダルフォトで結婚の記念写真は絶対残す方がいい

更新日:


結婚式を挙げない人でも、記念の写真は残すと思います。

ウェディングドレスとタキシードになっての写真は写真に残しておけば一生の記念、思い出です。

それが「ブライダルフォト」です。

【まとめ】ブライダルフォトで結婚の記念写真は絶対残す方がいい
ブライダルフォトはこのような写真を撮影することです。予算を抑えるために1枚だけの撮影をする人もいれば芸能人の写真集のように2人のフォトアルバムを作る人もいます。

芸能人でもないアナタが写真を撮られるという行為は当然慣れていませんよね?どのようにするのがいいのでしょうか?まとめてみます。


ブライダルフォトを撮影するお店は複数のお店を廻って決める

ブライダルフォトを撮る場合の基本は「複数のお店を廻る」ということです。

複数のお店で話しを聞くことで、そのお店の傾向・特徴・値段設定など色々なことを知ることができます。ブライダルフォトみたいに写真に撮られることにほとんどの人は慣れていません。

「写真に撮られるのも初めて、ブライダルフォトも初めて」

と初めてのことばかりです。なので、自分の知らない要素がたくさん出てきます。

最初は予算優先で選ぶつもりでも、「洋装写真に和装写真を一緒に撮りたいな」とか「たくさん撮って写真データも欲しいな」とか「やっぱりロケ撮影したいな」などフォトスタジオを廻ことで見えてくることもたくさんあります。

何件もスタジオを廻って自分が本当に予算を優先したいのか、それともロケ撮影に強いお店を優先したいのか、ドレスが最新なお店を優先したいのか、フォトアルバムを優先したのかなどが見えてきます。

ブライダルフォトを撮る場合は複数のお店で見比べましょう。

主役は当然女性

ブライダルフォトのお店に行って話しを聞こうとするとなぜかお店の人は女性を中心に話しをしてきます。

ドレスの種類の話から、写真を撮るときの背景の話し、画像データの話しなど、ほぼ最初に話しを振るのは女性に対してです。

当然といえば当然なのですが、ブライダルフォトの主役は女性です。

「えっ、俺も主役じゃん」

ってなるかも知れません。が、ブライダルフォトは女性が主役です。

ドレスで決めるか値段で決めるか

【まとめ】ブライダルフォトで結婚の記念写真は絶対残す方がいい

ドレスも基本の通常料金の中に含まれているデザインのモノから、今年の新作ドレスまで幅広く選ぶことができます。ドレスに詳しくないと、基本のドレスと今年のドレスの違いは正直わからないかも・・・です。それでいて、金額で数万単位で違いが出てきます。(笑

ドレスが売りのフォトスタジオだと100着くらいあったりします。純白のドレスは当然で黄色、緑、赤など本当に数多くのドレスがあったりします。

それに対して男性のタキシードは多くても30着くらいでしょうか。白のタキシードから黒、茶色、青などこちらも種類は豊富です。まぁ、それでも女性のドレスの豊富さに比べると少ないですね。

このドレスが、ブライダルフォトの値段を左右する最初のハードルです。

基本ドレスだと金額は全部もろもろの基本料金の中に含まれています。が、新作ドレスを選んだ瞬間に急にドレス代が30,000円アップとか、50,000円アップとかになったりします・・・。(値段設定がマンガか子供の思いつきかな?と思うくらい基準がわかりません・・・。きっとお店独自の価値観です。)

「ドレスも特に選ぶ気もなくて、枚数もあまり撮らない、写真データも特に必要ない」

ということであれば、写真を撮る枚数にもよりますが、1枚だけで5,000円から10,000円、数枚撮って20,000円くらいって感じです。

ドレスのデザイン、種類で選ぶか値段(安さ)で選ぶのかが最初の悩み所になります。

和装にするのか洋装にするのか両方にするのか

【まとめ】ブライダルフォトで結婚の記念写真は絶対残す方がいい

ブライダルフォトを撮る場合には「洋装で写真を撮るのか和装で写真を撮るのか」を決める必要があります。もちろん「両方撮る」という選択もありです。

最初、ブライダルフォトを撮ろうと思ったときってほとんどの人が洋装での撮影を考えています。女性はやっぱりウェディングドレスに憧れをもっているケースが多いのですからね。

予算的にも、洋装の方が安かったりするスタジオが多いです。

でも、和装のサンプル写真もぜひ見て欲しいです。着物姿での写真はこれはこれでステキです。特にロケーション撮影での和装だと、

「自分が日本人で良かった」

と思えるようなステキな出来上がりになります。

予算との相談になるのは当然ですが、「和装にするのか洋装にするのか両方にするのか」悩んでください(笑

ロケーション撮影をすれば思い出になるのでオススメ

ブライダルフォトは大きくわけて、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」にわかれます。ロケーション撮影はロケ撮影と短縮して言われることが多いです。

もし、予算に少しでもいいので余裕があるのであればロケ撮影を検討してみてください。

ロケ撮影は2人でドレス&タキシード姿で「野外」で撮影をしていきます。観光スポット的な名所、公園、木の下、古民家的な家、など野外で撮影をします。そしてそれをフォトアルバムとしてまとめます。

野外で撮影をしているとポージングも指導されます。これが最初は少し恥ずかしい・・・

「見つめ合ってほほえんで下さい。」
「腰に手を回して彼女を支えてあげてこっちを向いてください」

とかです。恥ずかしいけど、指示にしたがっているとちゃんと良い感じに撮影してくれます。

そして、野外で撮るので当然、色々な人に注目されます。

「あっ、花嫁さんだ~」
「ドレスを着て撮影してるよ。キレイね~」

的な声が撮影している横で聞こえてきます。スマホで写メを撮られるのもザラです。

なぜか、男のタキシード姿を「かっこいいね~」的に褒める言葉は少ないです。圧倒的に女性を褒めていることが多いです。この辺でも「ブライダルフォトは女性が主役!」的なことを感じます。

「野外で人に見られるのは恥ずかしい・・・」

という抵抗感ですが、やってみるとほぼ大丈夫です。周りに見ている人の目線は完全に「見守っていてる応援モード」の目線です。なので恥ずかしくないのです。

カメラマンが指示をだしてくれて、それをフォトスタジオの人がフォローしてくれます。ドレスの乱れや化粧もすぐに直してくれます。あっという間に撮影がすすんでいきます。

5枚くらい写真を撮ったら少し場所を移動、そしてそこで5枚~10枚くらい写真を撮ったら少し場所を移動ってなります。なので、1つの場所で長時間、注目されないのも意外と緊張しない理由だったりします。

ロケ撮影は大量に写真を撮ります。そして、それを芸能人の写真集のような感じでフォトアルバムにしてくれます。

アルバムでの写真数は予算によって変わってきます。でも、自分達のブライダルアルバムは後々見ても楽しいですし、親や友人に見せるときも喜んでくれたりします。

もちろん、スタジオ撮影に比べて予算はかかりますが、後々の思い出・記念ということであればオススメです。

ロケ撮影の日が雨だった場合は

「もし、ロケ撮影の日が雨だったらどうなるんだろう?」

って思ったりしますよね。

せっかく、ドレスを一生懸命選んでタキシードを一生懸命選んで、2人でスケジュール調整もして、さぁ撮影となった日が雨になるかもと思うと気分が滅入ります。

ロケ撮影の日が雨だった場合は、フォトスタジオの判断にはなりますが、基本的に延期です。

ロケ撮影では撮影日をまず2候補きめます。「撮影予定日」と「雨などの場合の予備日」です。なので、撮影できないレベルの天候だと延期です。

でも、少々程度の雨であれば、強行撮影するフォトスタジオは多いです。その辺りはフォトスタジオのさじ加減になります。どうしても「完全青空状態」でしか撮影したくないのであれば契約時に交渉して大丈夫です。

ブライダルフォトは人生で1回だけの大切な大切な思い出です。なので、妥協したくない部分は主張してOKです。フォトスタジオもそういう希望を聞いてくれるお店も多いですよ。

彼女の親の意見も参考に

女の子側の親は「結婚式をしてほしい」と思っていることがメチャクチャ多いです。なので、2人の意見として「結婚式をしない」と決めても、2人のドレス&タキシードのブライダルシーンの写真は撮ってあげてほしいです。

ブライダルフォトを撮ると決めたら彼女側の親にも相談をしてみましょう。すると、「親の希望が出るわ出るわ・・・(笑」的な状態になることも多いです。

基本的に親は自分達より経済的余裕があったりするので、お金のことを気にせずに「これがいい」「あれがいい」と言ってきます。親からしても一生に1回のことなので目をキラキラさせながら言ってきます。

自分達2人が「最低限の費用で」と決めていたとしても、親は親で「結婚式をしないのであれば写真はせめて豪華に・・・」的な願望があることが多いので確認してみることも大切です。

彼女側の親との今後の関係もあります。なので、自分達だけの意見で決めては危険なケースもあります。

結婚式をしない結婚の場合は相手の親と自分達、自分の親と結婚相手を結ぶ重要なイベントがブライダルフォトです。

なので、相手の親の意見を聞いてみるというのは大事なことだったりします。

写真データは買取になる

けっこう意外に感じる人も多いのですが、スタジオ撮影であれ、ロケ撮影であれ、撮影したデータは何十枚、何百枚とあるのですが、このデータは無料ではくれません。

「えっ、自分達の写真なんだけど・・・」

と思う人が多いのですが、画像データは買取になります。
(すべてのスタジオがそうではありませんが、買取のスタジオがほとんどです。)

全データの買取がイヤな場合は、撮影した写真の中から希望するものだけを選んで印刷したものを受けとる形になります。

値段を安くしたいと思って「撮影データを使って自分でフォトアルバムを作れば安い」と思ってもまずはデータを全データを買い取る必要があるのです。

フォトスタジオに限らず、デザインやイラスト系のスタジオはほとんど撮影データや制作データは別途買取が普通です。データを買い取るまでは著作権はフォトスタジオにあるということです。

※この画像データは全データを買取しなくても撮影してしばらくはフォトスタジオで保存されます。3ヶ月~6ヶ月の保存期間のお店が多いです。なので、後日、全データを欲しくなった場合はフォトスタジオに申し出れば大丈夫です。

最後に

もし結婚式をしないのであれば、このブライダルフォトが大事な大事な2人のドレス&タキシード姿です。どういう理由で結婚式をしないのかは人それぞれ違いますが、写真は残しておくと後々「良かったな」となることが多いので本当にブライダルフォトは大切にしてほしいです。

予算も安く抑えたいのであれば1枚だけなら5,000円から10,000円くらいで収まります。ロケ撮影+アルバム作成までいくと安くはありませんが、それでも30万ほどです。結婚式を挙げることに比べたらずっと費用は抑えることができます。

スタジオ撮影、ロケ撮影などブライダルフォトはプランに合わせて選ぶことができます。

撮影した写真を大きく印刷して、自分達用、親用、祖父母用、相手の親用、相手の祖父母用と必要分だけ作成するというやり方もできます。

とにかく、後で振り返ったときに満足度が高いのが、ブライダルフォトです。

※撮影の時に自分のスマホを渡して「これでも撮ってください!」とお願いすると気軽に撮ってくれますよ。
ドレス姿でピースとかは自分のスマホとかで撮ると記念になるしで、軽い感じの写真はスマホで撮ってしまいましょう。自分のスマホで撮った写真にはデータ料とか言われないですよ(笑

結婚を意識し始めたらゼクシィに登録しておくと便利

結婚を考えるようになったら早めにゼクシィに登録しておくと本当に便利。

「自宅近くのお店はどこにあるのーーーーー。わからないことはどこで調べたらいいの……(涙)」

結婚式場の見学、ブライダルフォトスタジオ予約、婚約指輪、結婚指輪の下見、エステ、他にも結婚に関することがぜーーーーーーんぶ、簡単に調べられます。

いくら時間があっても足りないなかで、本当に助かるサイトだと思います。

オト
私はゼクシィに登録ていたおかげで、友達と比べてネットでお店を探す時間が10の1くらいですんで凄く助かった。
関連記事も多く読まれています!

-ブライダルフォト

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2020 All Rights Reserved.