結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略

婚活して結婚して幸せになりたい人向けに結婚戦略や戦術、ブライダル関連の情報をまとめます。

婚活に関すること

本当にこの人でいいの?婚活で知り合って1週間とか1ヶ月とかでプロポーズされた時に戸惑わないための心構え

投稿日:2016年12月31日 更新日:

konkatu-souki-poropoozu

こんにちは、オトです。

婚活をしていると出会ってすぐのタイミング(1週間とか1ヶ月)でプロポーズをされることがあります。

普通の恋愛で考えると戸惑いしかないのですが、実際におきるのが婚活です。

出会ってすぐにプロポーズをされたとき、どういう風にすればいいのか?何が大事なのか?ということを把握しておき、実際に早期プロポーズされた場合でもアタフタしなくていいようにしておきましょう。

婚活で出会って早いタイミングでプロポーズをされることはあるから心構えをもっておくべき

特に結婚相談所を利用した婚活の場合などでは、相手も結婚を意識しています。

当然ですが、結婚を前提とした出会いなので普通の恋愛に比べればプロポーズのタイミングは早いです。

実際に出会って1ヶ月でのプロポーズは珍しくありません。

相手がなんと言おうが自分のペースでお付き合いすぐべき

凄く大事なことですが、結婚って焦って「誰でもいい!!!」みたいな感じでするものではありません。

どれだけ、事前のプロフィールの内容がよくても一緒にいて心地よくいることができるか?会話が合うのか?とお金の価値観が合うのか?などお互いの相性を把握しないといけません。

どれだけ価値観が同じでも、長く一緒にいると合わない……ってなんてしまう人なんてザラにいます。

こんな価値観の違いで失敗した結婚のパータン

「価値観も合うし収入も大丈夫だけど、「仕事、仕事」でほとんど家にいなくて何のために結婚したのかわからない……。」

「見た目が好みだったし、収入も大丈夫だったけど、相手の母親への依存度が強すぎてお付き合いの時間の中ではわからなかった……。」

「見た目を妥協して勢いで結婚したけど、どうしても一緒に歩いている所を見られたくない……。」

「価値観も合う、収入も満足、でも「妻」としての私を求められているだけで「私」を受け入れてはくれていない……。」

など、「結婚する」という結果だけを重視して短期間のお付き合いで結婚をして後悔している人というのはやっぱり残念ですがいるのです。

これは「結婚できる相手」と結婚した結果による悲劇です……。やっぱり「結婚したい相手」と結婚をしないと、失敗したときに「こんなハズじゃなかった……。」ってなるのは当然でしょう。

絶対に自分のペースでお付き合いをして早期のプロポーズに振り回されないようにしてください。

把握しないといけない相手の中身は多い

早期のプロポーズを受けた際に把握しておきたい相手の中身をまとめます。

評価しておきたい相手の中身

・収入
・仕事内容
・家族構成
・家族に対する価値観
・趣味
・休みの日の過ごし方
・お金の使い方に対する価値観
・相手の性格
・自分のことを大事にしてくれるか
・子供に対する考え方
・相手の欠点
・健康状態
・自分の親や友達を大事にしてくれるか

これらは2年、3年の付き合っていれば意識しなくても自然に把握できます。ですが、1週間や1ヶ月でプロポーズをされてしまうと把握しきれないのは当然です。

だからこそ、上記のリストを1つずつ質問するなり、観察するなりして解消してください。

どれが大事かは人それぞれ価値観があると思いますが、基本的にはリストにまとめたことが自分の価値観と合わないと結婚生活をストレスに感じてしまいます。

波長が合うかどうかは1番大切

結婚って、お金も大事だし、相手の親も大事ですが1番大事なのは、

「相手との波長が合うのか?」

ということです。相手との波長が合うかどうかというのは、「相手と一緒にいても気を使わず自分らしくいられるか?」ということです。

結婚生活をしていると少なからず揉めることもあるし、合わないこともあります。

そんなときは、夫婦で話し合いをして意見のすり合わせをして解決していきます。相手と波長が合わないと一緒にいる事が苦痛になってくるし、自分がストレスの塊になってしまいます。

お互いが健康という前提で、

「会話が合う、趣味が合う、アナタのことを大事に考えてくれる、お金の価値観が合う、アナタの親や友達を大事にしてくれる」

この5つが特に大事で、逆に言えばこの5つがOKであれば後は夫婦で1つずつ乗り越えることが出来ると私は思っています。

笑顔があふれる家庭を重視するなら「波長が合う=一緒にいて居心地がいい」というのは本当に本当に大事なことです。

子供に対する考え方を話す必要がある

子供に対する考え方は絶対に結婚前に把握しておかないといけない考え方です。

女性は多くの場合、「子供がほしいから結婚したい」というのも多くの結婚理由です。そして、「子供を作るのであれば時間がない」と焦っています。

正直に言えば、30代、40代になっていれば年齢的に子供を作るのが厳しいこともあるでしょう。

相手がアナタより子供の誕生を求める人であれば、子供ができなかったときに将来の揉める元になってしまうでしょう。

「子供もほしいけど、アナタとずーーーーっと一緒にいたい」

と言ってくれる人であれば子供に対する考え方は「授かることができるば幸せ」というスタンスで挑むこともできます。

子供に対する考えは凄く大事なことです。出会ってすぐにプロポーズをされた場合は遠慮してしまって子供の話など踏み込んだ会話が絶対的に足りないハズです。

それでも、ポロポーズを受けるにしても一旦保留するにしても、子供に対する考えのすり合わせは絶対にしてから返事をしないといけません。

親に対する価値観を話す

結婚は恋愛と違って、「家」と「家」の結びつきでもあります。

お互いにとってもう1人の親ができるの結婚です。

親に対する価値観や依存度は家庭によって全然違うので出会ってすぐにプロポーズをされた場合には見えないことが多いので注意しましょう。

相手が長男とか、親の仕事を継がないといけないとかだと、結婚後、早いタイミングで男性側の実家に同居することもありえます。それらを受け入れることができるかどうかも大事な問題です。

反対にアナタの親を大事にしてもらえるかどうかも結婚では凄く大事なことの1つです。親に対する価値観は少しのお付き合いでは見えにくいので注意してください。

幸せになれるのかどうか?を考えてほしい

凄く早いプロポーズを受けたときに、「このチャンスを逃したら次はないかも……。」という考え方になる人が少なからずいます。

30代、40代になって結婚相談所などを利用して結婚に対して焦っていれば当然の気持です。

でも、そこで1歩立ち止まって考えて欲しい。

「結婚という結果を求めるのではなくて、本当に自分が幸せになれるかどうか!!!」

10代、20代では「幸せになるために大好きな人と結婚」という当たり前の価値観が婚活をしていると「結婚する」という結果のみを求めるように知らないうちに変化してしまいます。

当たり前なのですが、そういう基準で選んだ結婚は失敗が多いですよ……。

自分が好きで波長が合って一生一緒に笑っていけれると思う相手を探す必要があるのが婚活です。

本気で自分が幸せになれる相手かどうかを考えて早期のプロポーズに対する返答を考えてください。

オト
繰り返しますが、「結婚」という目的のみをゴールにして相手を見ないでください。

30年、40年一緒にそばにいる相手なので、自分を大事にしてくれて幸せになれる相手を見つけてください。

まとめ

いかがですか?

婚活の場合は知り合ってすぐのタイミングでプロポーズされることもあったりするので心構えが必要です。

・相手がなんと言おうが自分のペースでお付き合いすぐべき
・把握しないといけない相手の中身は多い
・子供に対する考え方を話す必要がある
・親に対する価値観を話す
・幸せになれるのかどうか?を考えてほしい

これら冷静に、そして大事に考えてプロポーズに対して返事をしてください。

プロポーズから3~6ヶ月お付き合いしてからプロポーズの返事をしても全然遅くはありません。

自分が幸せになるための婚活をお願いします。

冗談ぬきに出会って1週間とか1ヶ月でのプロポーズはありえるので、この記事に対して「あり得ないwww」とかならないで、心構えだけは持っておいてください。

30代、40代で婚活をするのであれば結婚相談所をおすすめします。相手も結婚を意識しているので結婚前提のお付き合いになるのが嬉しいです。

>>> 楽天オーネット

まずは、結婚相談所がどんなところか、比べてみたい人はこちら>>> ズバット結婚サービス比較

 
人気アプリ:ゼクシィの婚活アプリ、インストールしてみてください。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

無料posted withアプリーチ

-婚活に関すること

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2019 All Rights Reserved.