結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略

婚活して結婚して幸せになりたい人向けに結婚戦略や戦術、ブライダル関連の情報をまとめます。

婚約指輪と結婚指輪

プロポーズされた後に価値観が違うことに気がついてしまったら別れるべきだと思う

投稿日:2017年5月21日 更新日:

こんにちは、イチです。

婚活をしていてプロポーズされた後に価値観の違いに気がつくことがあります。

そんな場合はどうすればいいのでしょうか? 

私は別れるべきだと思っています。

理由をまとめます。

プロポーズされてからわかる本性とか考え方とかも多い

婚活ではプロポーズまでの期間が短いことから、プロポーズ後に結婚した後の生活感や価値観の違いに気がつくことがあります。

男性の以外な本性がわかったりとかも……。

どんな問題があるのかをまとめます。

お金の価値観がまったく合わない

結婚で価値観が合わなかったときに1番困るのが「お金」の問題です。

生々しい会話だからこそ、お付き合いしている段階では話にくいのです。それこそ、プロポーズしてからお金の話を深くするカップルもザラにいます。

イチ
うちは今でもお金の話を詳しくしたことがない……。
オト
そうだね。うちは、旦那さんであるイチの一括管理です。
お金の話はほぼしたことがない……。これは珍しいかも。

プロポーズで舞い上がった気持ちに「グサッと」鋭い刃物みたいな価値観を刺してくるのがお金の会話です。

    ・生活費の配分
    ・お小遣いに対する考え方
    ・貯金に対する考え方
    ・余剰資金の考え方
    ・投資などに対する価値観

これらの会話はめちゃくちゃ大事です。

「えっ、そんなのありえないでしょ……。」みたいな提案って普通にあります。例えば、

「生活費は完全に折半ね!!!」

という感じで妊娠とかして働けなくなっても生活費を求める前提の男とか…… ← こういう人本当にいますよ。

働けなくてもそのときは「貯金から出すべき」とか「僕からの貸付ね」みたいな感じで妻がどんな状況であってもフォローする気がなくて、むしろそれ(折半)が当然と思っている……みたいな感じです。

親の介護の問題

「結婚後、○○年したら絶対に同居」とか「嫁は夫親の介護に実家に通うのは当然」みたいな感じで考えている男性とかだと、結婚前にすり合わせておかないといけない大事な価値観です。

30代の婚活ならそこまで気にすることはないですが、40代からの婚活であれば「親の問題」は必ず考えておかないとマズい……です。

子供を生むのがむずかしいのであればなおさら親の問題は話をしておく必要があります。

なぜなら、子供が生まれた場合は親の介護、老後の問題がそこまで大きい話にならないからです。しかし、子供がいない場合は親の介護、老後の問題は必ずクローズアップされます。

働き方の問題

働き方の問題も価値観がズレる可能性があるところです。

    ・共働き
    ・専業主婦

男性によっては「結婚したら絶対に専業主婦、仮に生活費がしんどくても共働きなんてありえない」という人もいれば、「今の時代、今の自分の年収で専業主婦なんてありえない、共働き必須」という人もいます。

そして、働く時間も、「夫である自分が家に帰ってくるより前に家にいられる仕事」などけっこう細かい価値観が出てきてぶつかる可能性があります。

もし、アナタの方が収入が多いなら、それはそれで価値観がぶつかります。

アナタが「収入と働きがい」に満足していても「それでも仕事を結婚したらヤメてね」という風になることもあるし、「アナタのほうが収入が多いなら自分は専業主夫になるね」なんていうことも……。

働き方の問題もかなりクローズアップされます。

価値観が違うときに考えること

プロポーズ後に価値観が違うことがわかっても、それでも「結婚するのか?」「別れるのか?」迷ってしまうことがあります。

そんなときに考えることをまとめます。

そこに愛情はあるの?

それでも、「結婚しようかな……。」って迷う場合は自分に問いかけてみてください。

「私はこの人のことを愛しているのか? 愛していけるのか?」

短い交際期間で「愛している」と言い切れるまでになっているのは少ないかもですが、「愛していけるのか?」という自分への問いかけだけは絶対にしてください。

「結婚するという目的のための結婚はダメ」です。「自分が幸せになれると思えるのか?」を絶対に問いかける必要があります。

愛情のない夫婦生活は本当にツラいですよ……。

「もし、ここで断ったらまた「1」から婚活をやり直すの……?」 という思いを乗り越える

はい、もう完全に勇気が必要ですが、乗り越えましょう。「1」からやり直すんです!!!

「嫌だ、面倒、怖い、……。」

悩みだすと無限ループ地獄にハマってしまいます……。

それでも「1」からやり直す必要があるのです。婚活はたかが2年3年、相当長くても4年です。

しかし、

結婚生活は40年50年続くのです。価値観が合わない人との結婚生活を考えたら「1」からやり直すのは苦労じゃないと思ったほうがいいです。

イチ
プロポーズを受けてOKしたあとに断わるとか……マジでキツイ選択じゃん。
オト
そう、本気でキツイ……でも、それでもやらなきゃ。じゃないと後悔するし。

大事な「生き方」に関することでの違和感は絶対に妥協してはダメ

困ったら既婚の友人か担当アドバイザーに相談する

もし、プロポーズをされた後に価値観の違いで結婚を迷ったら相談を必ずするべきです。相談相手は

    ・既婚の友人(男女どちらでもOK)
    ・結婚相談所の担当アドバイザー

このどちらかに相談しましょう。

間違っても独身の友人に相談してはいけません……。特に同じように婚活をしている友人はダメです。

婚活仲間は結婚後の価値観のズレが起こす影響なんてわかりません……。わからない人に相談しても意味がありません。

オト
婚活仲間ってけっこう足の引っ張り合いが多くない?
イチ
ぶっちゃけ多いね……。
「あれ、何か違う」」って思った時はお付き合いを断るのも婚活の一部!!!

こんにちは、オトです。 婚活って男性と結ばれるのがゴールです、が……しかし…… 男性とのお付き合いを断るのも婚活の大事な一部です。 このことがアタマにあると婚活が一気にラクになる人もいるし、婚活が一気 ...

まとめ

「プロポーズされた後に価値観が違うことに気がついてしまったら別れるべきだと思う」まとめます。

●プロポーズされてからわかる本性とか考え方とかも多い

・お金の価値観がまったく合わない
・親の介護の問題
・働き方の問題

●価値観が違うときに考えること

・そこに愛情はあるの?
・「もし、ここで断ったらまた「1」から婚活をやり直すの……?」 という思いを乗り越える
・困ったら既婚の友人か担当アドバイザーに相談する

オト
婚活を「1」からやり直すのがどれだけ苦行かは私も体験しているので凄く理解できます。

でも、やり直したからこを今の夫と出会えました。

婚活期間よりも結婚生活のほうが長いのでプロポーズされても自分の感性と違ったらお断りすることも本当に大事なことです。

(特に結婚相談所で出会った場合はプロポーズまでが早いことも多いので……。)

人気アプリ:ゼクシィの婚活アプリ、インストールしてみてください。
ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

無料posted withアプリーチ

-婚約指輪と結婚指輪

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2019 All Rights Reserved.