お付き合いをお断りする

婚活で出会った相手を怒らさないお付き合いの断り方【メールかLineで簡単】

更新日:


婚活 断り方

婚活で出会った仮交際中の人と、相性が合わないからお付き合いをお断りしたいけど、怒らせない断り方ってどうしたらいいんだろう? おかしな断り方をして怒られるのはイヤだ……。誰か解説してほしい。

こういう声に役立つ記事を書きます。
 

今回の記事では、『婚活で出会った相手を怒らさないお付き合いの断り方』を解説します。

この記事を読んでもらうことで、婚活でのお断りによるプレッシャーが少なくなりストレスが減りますよ。

最初にいっておくと、結婚相談所での出会いならこの記事の断り方は必要ありません。なぜなら、クリックひとつでお断りできるサービスがあるから。

しかし、マッチングアプリや婚活パーティーでの出会いなら、この記事の断り方は役にたちます。

婚活でのお断りは避けて通ることのできないものです。

その都度、消耗しても仕方がない……。

詳しく解説していくので、婚活でお付き合いの断り方を悩んでいる人は参考にしてください。

オト
簡単ですよー。

婚活で出会った相手を怒らさないお付き合いの断り方

結論:婚活ではメッセージで断るのが怒らせない断り方!

婚活 断り方

メールもしくはLineで、

「私には◯◯さんはもったいと思いますので、お付き合いは遠慮させていただきます。」

と伝えてお断りしましょう。

イチ
直接会ってとか、電話とかでお断りしないくていいの?

オト
問題ないよ。

備考:メッセージ全文の例

こんばんは。
今後のことでお伝えしたいことがあってメールしました

私には◯◯さんはもったいと思いますので、お付き合いは遠慮させていただきます。
短い期間でしたがありがとうございます。

上記をコピペして利用してください。

一言二言を足してもらっても大丈夫です。

婚活のお断りをメッセージでする理由3つ

婚活 断り方

下記3つが理由です。

  • メッセージでも確実にお断りが伝わる
  • 重すぎないので相手を傷つけない
  • お断りへのプレッシャーが少ない
オト
お断り作業も重要な婚活の活動です。

理由(1):メッセージでも確実にお断りが伝わる

メッセージだと必要なことのみを正確に伝えることができます。

結果として、相手を怒らせたり不快な気持ちにさせなくてすみます。

理由(2):重すぎないので相手を傷つけない

丁寧で長々としたメッセージだと重すぎですが、サクッと一言だけメッセージすると、重すぎないので相手を傷つけません。

結果として、相手を怒らせたり不快な気持ちにさせなくてすみます。

理由(3):お断りへのプレッシャーが少ない

どれだけ慣れてもお断りはストレスなので、なるべく負担の少ない方法を選択するべき。

メッセージだと勢いで送信ボタンを押せるので、お断りの連絡へのプレッシャーが少ないです。

あらゆるお断り方法のなかで1番ストレスが少ないのがメッセージでしょう。

イチ
たしかにメッセージだと気楽だね。

オト
そういうこと。

婚活でお付き合いのお断りをメッセージでするときの注意点3つ

婚活 断り方

下記の3つです。

  • どうしても理由を言うなら相手に非がない理由にする
  • 勘違いしている人にはハッキリ言うしかない
  • なるべく早めに伝える
オト
一部粘着質な人がいたりするので、相手のタイプに合わせるように注意してくださいね。

注意点(1):どうしても理由を言うなら相手に否がない理由にする

自分に矢印を向けた内容を伝えましょう。

お断り理由の例

  • どうしても前の彼氏が忘れることができない
  • メンタル的に落ち着かないので婚活をセーブする

相手を怒らせないためにも、自分に原因があるのであって相手に否はないという内容にすると角が立ちません。

イチ
男の立場としてもメンツが保ててありがたい。

オト
そうだよね。
理由を伝えるなら自分に矢印は鉄則だね。

備考:とはいえ、相手に否がないように伝えると『勘違い』して受け止める人もいます

下記のような感じになります。

  • どうしても前の彼氏が忘れることができない → 忘れることができるまで待っています
  • メンタル的に落ち着かないので婚活をセーブする → 落ち着くまで待っています

などなど……。

こういうパターンが一定数あるのは理解しておきましょう。

注意点(2):勘違いしている人にはハッキリ言うしかない

少し疲れますが、勘違いされてしまうとハッキリお断りをする必要があります……。

こんばんは。

ハッキリと伝えた方がいいと感じたので連絡させていただきました。
〇〇さんとお付き合いをするつもりはありません。
他の男性を探そうと思っています

勝手ですがご理解をよろしくお願いします。
◯◯さんであれば他に素敵な女性との出会いがあると思います。

多少の罪悪感はありますが、怒らせる確率を下げるためにも、勘違いしている人にはハッキリと伝えた方がいいです。

注意点(3):なるべく早めに伝える

仮交際のレベルだからこそ、メッセージで一言伝えるだけでお付き合いをお断りすることができます。

が、しかし、真剣交際に近づけば近づくほどお断りが大変……。

相手の立場で考えても、断るなら早い方が次の活動に軸足を移せるのでありがたかったりします。

断るならなるべく早めに伝えましょう。


婚活でメッセージでの断り方をおすすめるとよくある質問2つ

婚活 断り方

下記の2つです。

  • FO(フェードアウト)でいいのではないですか?
  • 顔をみて直接伝えるのが礼儀ではないですか?

1つ目の質問は婚活慣れしている人に多くて、2つ目の質問は婚活慣れしていない人に多い質問です。

オト
両極端な質問ですよね……。(苦笑)

よくある質問(1):FO(フェードアウト)でいいのではないですか?

お断りするときにFOはあまり使わない方がいいです……。

なぜなら、FOは急に冷たくなった印象が残るので、相手を怒らせる確率が高いから。

それに、お断りされていると気が付かない人もいるので正確さに欠けます。

もしFOはを使うなら、婚活に慣れている男性のみにするのをオススメします。

よくある質問(2):顔をみて直接伝えるのが礼儀ではないですか?

顔をみてのお断りは、緊張して余計なことまで伝えてしまったり、回りくどい伝え方をしてお断りだとわからなかったりします……。

消耗もしますし……。

礼儀正しいですが、少し重すぎるので仮交際のレベルならメッセージの方がオススメです。

かなり深いレベルで真剣交際をしているなら、顔をみて直接伝えるのが礼儀ですね。

婚活で出会った相手を怒らさないお付き合いの断り方まとめ

婚活 断り方

というわけで、「婚活で出会った相手を怒らさないお付き合いの断り方【メールかLineで簡単】」を書いてきました。

婚活中で相手を怒らせることなく上手にお付き合いを断るなら、メールやLineなどのメッセージで連絡をしましょう。

最後にメッセージの内容を再確認しましょう。

「私には◯◯さんはもったいと思いますので、お付き合いは遠慮させていただきます。」

最後に一ついうと、婚活は断るのも断れるのもよくあることなので、メンタルの強さが必要です……。

苦行ですが乗り越えてください。(お願いします)

幸せになりましょう。

それではー。
 

※お付き合いをしていて『なんか違う……』と感じたらお断りしましょう。
詳しくは「婚活で男性に対して『なんか違う……』と感じたら断るべき理由3つと注意点3つ【大事】」にまとめています。

よく読まれています

※結婚相談所は評判のいいところを利用するのが婚活成功のコツです。
人気記事>>【最新版】30代の女性に評判の結婚相談所おすすめ3選【早く結婚したい人向け】


※出会えるマッチングアプリを使うと、お手軽に婚活ができます。
人気記事>>婚活をしたい女性におすすめのマッチングアプリ3選【年齢関係なし】


結婚を意識し始めたらゼクシィに登録しておくと便利

結婚を考えるようになったら早めにゼクシィに登録しておくと本当に便利。

「自宅近くのお店はどこにあるのーーー。わからないことはどこで調べたらいいの……(涙)」

結婚式場の見学、ブライダルフォトスタジオ予約、婚約指輪、結婚指輪の下見、エステ、他にも結婚に関することがぜーーーんぶ、簡単に調べられます。

いくら時間があっても足りないなかで、本当に助かるサイトだと思います。

オト
私はゼクシィに登録ていたおかげで、友達と比べてネットでお店を探す時間が10の1くらいですんで凄く助かった。
関連記事も多く読まれています!

-お付き合いをお断りする

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2020 All Rights Reserved.