自分を磨く

恋と愛の違いを婚活を始める30代女性は知っておくべき話【愛情を育てよう】

更新日:


恋 愛 違い

婚活を始めてからよく「恋と愛は違う……」って聞くんだけどどう違うの? なんとなくはわかるけどきちんと知っておいた方がいいの?

こういう声に役立つ記事を書きます。
 

恋と愛の違いってなんとなくはわかるけど、ハッキリとはわからないですよね……?

今回の記事で解説する『恋と愛の違いの具体例』を読めば、明確に恋と愛の違いをイメージできるようになるので、婚活で出会った彼氏との愛情を育てやすくなりますよ。

それでは解説していきます。

オト
恋と愛は別物!

恋と愛の違いを婚活を始める30代女性は知っておくべき話

主張:婚活をするなら『恋』と『愛』の違いを知っておこう!

恋 愛 違い

婚活後に幸せな結婚生活を送りたいなら、『恋』と『愛』の違いは知っておきましょう。

イチ
知りたい!

オト
知っておこう。

※モテる女性の特徴も理解しておくと婚活が有利になります。「婚活でモテる女性の特徴16個【知らないとマズい……】」も合わせチェックしてみてください。

婚活女子が『恋』と『愛』の違いを知っておくべき理由

恋 愛 違い

理由は簡単で、婚活は交際期間が短い状態で結婚することが多いから、愛情を持てずに結婚して後悔しちゃうことになりかねないからです……。

  • 恋愛結婚市場 → 十分に愛情が育った時点で結婚することが多い 
  • 婚活結婚市場 → 条件と相性で相手を絞って結婚するので愛情が育っていないことが多い

恋は比較的脆いけど、愛は強いです。

結婚はいいことばかりではないので、愛情の育て方を知っているか知らないかは自分の人生を左右しかねないのです。

恋と愛の違い!具体例を6つ紹介

恋 愛 違い

恋と愛の違いを説明する具体例的なフレーズを6つ紹介します。

聞いたことがあるフレーズもあるかもしれません。

  • 自分のことが優先なのが恋、相手のことが優先なのが愛
  • 相手を疑ってしまうのが恋、相手のことを信じるのが愛
  • 会う理由がいるのが恋、会う理由がいらないのが愛
  • 一瞬だけ燃えるのが恋、永遠に燃えるのが愛
  • ◯◯だから好きが恋、◯◯だけど好きが愛
  • 下心なのが恋、真心なのが愛

大事なことは、自分のアタマのなかでパッと恋と愛の違いをイメージできるようになることです。

具体例(1):自分のことが優先なのが恋、相手のことが優先なのが愛

恋と愛の違いを明確にわかりやすく表現した言葉だと思います。

恋は自分が優先で、

・カッコイ彼氏にドキドキできる自分の感情
・自分を褒めてくれる彼氏を好意的に思う感情
・彼氏とデートしているとき自分が楽しいと思う感情

常に自分の感情が優先です。

一方で愛は、

・見返りを求めることなく相手が幸せになることを求める感情

常に相手への感情が優先です。

『自分のことが優先なのが恋・相手のことが優先なのが愛』というのは、個人的には恋と愛の違いを1番わかりやすく表現したフレーズだと思っています。

イチ
深い言葉だなー。

具体例(2):相手を疑ってしまうのが恋、相手のことを信じるのが愛

何かあったときに相手を疑いやすいのが恋で、相手を信じて疑わないのが愛です。

例を出します。

  • 何日も連絡がつかない → 浮気を心配する → 恋
  • 何日も連絡がつかない → 事故やトラブルを心配する → 愛

恋と愛ではアタマに浮かぶことが明確に違っているのがわかると思います。

具体例(3):会う理由がいるのが恋、会う理由がいらないのが愛

婚活をしていて、恋の状態ではデートをするときに理由が必要です。

なぜなら、自分が会いたいので理由がないと会ってもおかしいから……。

一方、恋が愛に変わった状態では一緒にいることが普通の状態なので、会うことに理由が必要ありません。

具体例(4):一瞬だけ燃えるのが恋、永遠に燃えるのが愛

自分の気持ちが高ぶって燃え上がっている状態が恋です。

要は相手に対する自分の感情が、『かっこいい』とか『優しい』とか『楽しい』などの理由で好きの気持ちが高ぶっているわけです。

一方愛は、何があっても好きなので、トラブルがあってもケンカをしてもすべてを受け入れます。受け入れた上で、好意をずーーーっと持ち続け続けるのです。

オト
恋は大きな真っ赤な炎、愛は静かにゆっくり燃えつづける青い炎。

具体例(5):◯◯だから好きが恋、◯◯だけど好きが愛

相手のポジティブな部分を優先して好きな状態が恋、ネガティブな部分も十分に理解して好きな状態が愛です。

  • ○○だから好き → 恋 → 相手のいい所しかみない
  • ○○だけど好き → 愛 → 相手のダメな部分も含めて好き

付き合いたての女性は、相手のかっこいいところなどに目がいきがちです。(当然だと思う)

しかし、お付き合いをするなかでダメな部分も出てきます。そういうダメな部分も理解して受け入れた上で好きなが愛ですね。

オト
ダメな部分も受け入れているから『恋』より『愛』が強いのも理解できますね。

具体例(6):下心なのが恋、真心なのが愛

下心って心のなかに秘めている少しネガティブな感情ですよね。

『自分を良くみてほしい』とか『自分は悪くみられたくない』とか『自分の想いを理解してほしい』など、口には出さないけど、なんとか自分のダメな部分を秘めて、お付き合いをしたいと考えている状態です。

だれだって自分がかわいいですから、婚活で最初に下心があるのは普通のこと。

しかし彼氏の幸せが自分の幸せと感じるようになると、それはもう下心ではなく真心といいますよね。

オト
真心は偽りのない優しい感情ですね。

違いを理解した人向け!恋を愛に育てる3ステップ

恋 愛 違い

恋と愛の違いを理解できたら、婚活で出会った彼氏との間に愛情を育てる必要があります。

具体的には下記の3ステップです。

  • ステップ(1):仕事への情熱を理解する
  • ステップ(2):共通の趣味をする時間を持つ
  • ステップ(3):2人で手作りの料理を日々食べる

要は、2人でたくさん話をして、長く同じ時間を一緒にすごすことです。

婚活では短い期間で結婚までたどり着くケースが多いので、一緒にすごす時間が短いことも多いですよね……。上記の3ステップは、どんな人にも共通する恋を愛に育てる必勝の方法ですよー。

オト
正しく理解しておきましょう。

ステップ(1):仕事への情熱を理解する

愛を育てるためにまず最初にやるべきことは、彼氏の仕事への情熱を理解することです。

よくある失敗例

  • 残業が多く夜会えない → 会いたいのに会えないから彼氏の仕事への不満を言う
  • 休みの日に急に仕事になる → デートが潰れることに彼氏の仕事への不満を言う
  • 休みが少ない会社に努めている → 彼氏の会社への不満を言う

上記のような自分優先では、愛情を育てるスタートラインにすら立てません……。

男性は結婚前も結婚後もずーーーーっと仕事をやり続けるわけなので、女性とは仕事への価値観が違います……。(仕事への価値観が高い)

なので、少々の理不尽なことや不都合なことも、仕事への情熱で受け入れます。だからこそ、その情熱を理解して応援することが大事なのです。

ここを理解できると、自分本位ではなく彼氏本位になり、愛を育てるための下地ができますよ。

イチ
確かに男は仕事が中心にあるよね。

オト
そう。だからこそ、がんばっている彼氏の応援団で常にいるべきなんだ。

ステップ(2):共通の趣味をする時間を持つ

彼氏が人生の中心に据えている仕事への理解ができたら、後はスムーズです。

共通の趣味を通して2人だけの思い出をたくさん作っていきます。「楽しいね♪」って言う日もあればちょっとしたケンカになる日もあるでしょう。

時間を共有するというのは、愛を育てる好意です。(趣味の共有大事)

ステップ(3):2人で手作りの料理を日々食べる

人間はご飯を食べるという行為が1番気持ちを育てます。

1回一緒に御飯を食べただけでも、他人から知り合いにランクアップします。(経験ないですか?)

婚活を通して、お付き合いから結婚までの間に数十回一緒にご飯食べることで、知り合いから家族にランクアップしていくわけです。

特に手料理で胃袋を共有したら無敵!

たくさん話しをして、2人だけの空気感を作ることで恋はいつの間にか愛に変わりますよ。

イチ
間違いないな。

オト
ご飯を一緒に食べるのはどんな人間関係も作る万能の行為だよ。

ポイント:自分のことを好きでいてくれていると日々実感すること

『自分のことを好きでいてくれていると日々実感する』と、すごーーーく早いスピードで愛が育っていきます。

なぜなら、幸せを実感できるから……。

自分のことを好きでいてくれる相手に対して心を開くのは当然のことです。

女性はよく「彼氏が好きって言ってくれないからわからない……。」といいますが、男性の『好きのサイン』を見逃さないことです。(男は言葉でいいません)

繰り返しますが、自分のことを好きでいてくれると日々実感しましょう。

まとめ:恋と愛の違いの理解は重要!愛情を育てて結婚しよう

恋 愛 違い

というわけで、「恋と愛の違いを婚活を始める30代女性は知っておくべき話【愛情を育てよう】」を書いてきました。

この記事で解説した『恋と愛の違い!具体例を6つ』を理解すれば、婚活で出会った彼氏との愛情を育てやすくなりますよ。

もう1度確認しましょう。

まとめ

  • 自分のことが優先なのが恋、相手のことが優先なのが愛
  • 相手を疑ってしまうのが恋、相手のことを信じるのが愛
  • 会う理由がいるのが恋、会う理由がいらないのが愛
  • 一瞬だけ燃えるのが恋、永遠に燃えるのが愛
  • ◯◯だから好きが恋、◯◯だけど好きが愛
  • 下心なのが恋、真心なのが愛

最後に一つ繰り返しでいうと、婚活で出来た彼氏を幸せになれる結婚相手にするには愛を育てる行為は必須です。

そのためにも『恋』と『愛』の違いは十分に理解しましょう。

大丈夫。違いさえ理解できれば後は育てられます。

幸せになりましょう。

それではー。
 

※自分の市場価値を高める方法を知っておくと愛を育てやすいです。なぜなら、婚活で自分の価値を高めるには相手のことが優先にならないといけないから。「婚活で自分の市場価値を上げることに成功している人の方法5つ【選ばれよう】」の記事も合わせてチェックしてみてください。

関連記事も多く読まれています!

-自分を磨く

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2020 All Rights Reserved.