自分を磨く

尽くされる女になる方法はシンプルに出来ている話【3つのステップ】

更新日:


尽くされる女

今までの婚活では、ずーーーっと彼氏に尽くしてきた。これからは私も少しくらい尽くされる女になりたい……。どうしたらいいの?

こういう声に役立つ記事を書きます。
 

今回の記事では、『尽くされる女になる方法はシンプルに出来ている話【3つのステップ】』を解説します。

この記事を読んでもらうことで、彼氏に今以上に、アナタのことを好きになってもらえて尽くされる女になる方法が理解できるので、女子として幸福感を増して結婚に向かうことができますよ。

私はとびきりの美人でもないし、コンプレックスの塊だったりしますが、それでも夫に10年以上尽くしてもらっています。(愛を感じます)

最初にいっておくと、婚活では『相手に嫌われたくない』とか『好きになってほしい』という気持ちから、尽くす女としてがんばるってしまいがちです。

しかし、正しい方法で行動すれば結婚するまでに、彼氏に尽くしてもらう女になることだって可能です。なので、3つのステップをしっかり理解して戦略的に行動しましょう。

尽くされる女になれるとお互いが愛に溢れて楽しいですよ。

オト
シンプルな行動でOK。

尽くされる女になる方法はシンプルに出来ている話

結論:甘えられる女になると彼氏に尽くされる女になる!

尽くされる女

最初に結論ですが、『甘えられる女』になると彼氏が尽くしてくれるようになります。

イチ
シンプルだね。

オト
そう、シンプル!

甘えられる女になると彼氏に尽くされる女になる理由

尽くされる女

理由は簡単で、甘えると彼氏がどんどんアナタのことを好きになるから。(男性は甘えられると嬉しくなります)

オト
大好きな女性に対して男は尽くします!
  • アナタが彼氏を好き → 彼氏に尽くす
  • 彼氏の方がアナタを好き → もっとアナタに尽くす

簡単にいうと、『惚れた方が弱い』わけです。(弱いけど素敵な弱さ)

もし今アナタが彼氏に尽くしているなら、性格的なこともあるかもしれませんが、それ以上にアナタの方が彼氏のことを好きな状態なのです。

『彼氏にアナタのことを今以上に好きになってもらう』と『彼氏に尽くしてもらう』は同義語だと思ってかまいません。

尽くされる女になるための具体的な3つのステップ

尽くされる女

今以上に彼氏に好きになってもらうために、下記3つのステップを繰り返し実行しましょう。

  • ステップ1、彼氏にお願いをする
  • ステップ2、最高の笑顔で「ありがとう」を伝える
  • ステップ3、『お願いをする → 感謝を伝える』を繰り返す

甘えられる女性は強いしかわいいものです。たとえ、それが少し露骨だとしても問題なし……。

この戦略の素晴らしいところは、婚活中だけでなく結婚した後もずーーーっと使えることです。

イチ
(オレもされているかも……。)

オト
10年以上使っている手法です。

ステップ(1):彼氏にお願いをする

「今までの自分のキャラがあるのにいきなり甘えられない……」

そういうアタナでも大丈夫。甘えると言っても、デレデレのブリッ子キャラになるということではありません。

今までだったら、自分でやっていたようなことでも、彼氏に頼るということです。

「あのさ~、◯◯がわからないから調べてくれない?」
「あのさ~、◯◯のことで困っているから教えてほしいな?」
「あのさ~、○○が1人でやるとキツいから手伝ってくれない?」

上記のイメージで彼氏にお願いをして頼ってください。

この頼るという行為が甘えるという行為です!

オト
少し頼りないくらいの隙がある女性の方が男性は「しょうがないな~♪」とかいいながら助けてくれます。

ポイント(1):少しはにかんだ笑顔でお願いします

彼氏は断れなくなります。

はにかんだような笑顔は年齢関係なく魅力的です。

ポイント(2):上目遣いだと最高です

あざといとか言わないでください。

上目遣いはあざといですが、男性が好きな女性の仕草1位。最強です。

ステップ(2):最高の笑顔で「ありがとう」を伝える

頼み事を聞いてもらった後は、最高の笑顔で感謝を伝えてください。

「ありがとう~さすがだね~」
「ありがとう~すごいね〜」
「ありがとう~またお願いしてもいい?」

最高の笑顔と明るいテンションで感謝を言われて悪い気がする男性はいません。

確実に彼氏との距離を縮めて心を掴むことができます。
 

※褒めるなら彼氏の熱を上げる一言を知っておくと効果的です。詳しくは「婚活で出会った男性の熱が冷める一言5つと熱が上がる一言9つ【使いこなそう】」にまとめています。

ステップ(3):『お願いをする → 感謝を伝える』を繰り返す

彼に甘えられるようになる上で最大のポイント(成功の秘訣)は、

「お願いをする→お礼と感謝を伝える」を繰り返す

ということです。

アナタがお願いをしたら、彼氏がイヤな感じをだすことなく自然にやってくれるようになるまで繰り返します。

何度か繰り返すうちに、甘えたアナタを彼氏が自然と受け入れてくれるようになっています。彼氏はアナタに尽くしているなんて、まったく思っていません。

尽くしているとは思っていないけど、『お願いをすれば笑顔で聞いてくれる』という状態が理想的です。

イチ
たしかにオレ、尽くしているとは思っていないな。

オト
でも頼んだら色々という事を聞いてくれるよ。(笑)


尽くされる女になりたいなら注意したいこと3つ

尽くされる女

下記3つは注意が必要です。

  • 都合のいい女にならない
  • 自分もたくさんの愛情をもって彼氏に尽くす
  • 力関係が完全に出来上がる前に甘えられる女になる

女性は油断すると彼氏に合わせることが多いので気をつけましょう。

注意しすぎとかないので油断なしでお願いします。

注意(1):都合のいい女にならない

尽くされる女になりたいなら、『都合のいい女』には絶対になってはいけません。

女性に比べて男性の方が結婚へのスピード感がのんびりしています。

結婚への焦りから結果として、女性が一方的に尽くすだけの都合のいい女状態になることがあります……。

ダメゼッタイ。

注意(2):自分もたくさんの愛情をもって彼氏に尽くす

『彼氏に尽くすのが大好き』という女性もいますよね?

そういう女性は遠慮なく彼氏に尽くしてください。(やりすぎなければ大丈夫)

理想的なのは、

  • アナタ → 彼氏に尽くす
  • 彼氏 → 尽くしている気はないけど結果として尽くしている

上記の状態です。

なんでもバランスが大事です。

愛情たっぷりに彼氏に接してください。

オト
愛情はすごーーーく重要。

注意(3):力関係が完全に出来上がる前に甘えられる女になる

力関係が決まってしまうと、彼氏に尽くしてもらうようにもっていくのは少しむずかしい……。

なので、自分だけが尽くしているな……と気がついたときは力関係が決まる前に修正するべきです。

よくある質問:力関係というのは『どっちが上でどっちが下なのか』ということでいいですか?

アナタが彼氏を好きな度合いより、彼氏がアナタを好きな度合いの方が上か下かという理解がいいと思います。

なぜなら、彼氏を立てつつ、アナタに尽くしてもらうというのがステキな関係ですから。

ラブラブ夫婦はこういう距離感がバッチリです。

まとめ:尽くされる女になって幸せな結婚に向かおう!

尽くされる女

というわけで、「尽くされる女になる方法はシンプルに出来ている話【3つのステップのみ】」を書いてきました。

この記事でオススメした、『尽くされる女になるための具体的な3つのステップ』を実践してもらえれば、彼氏に今以上に、アナタのことを好きになってもらえて尽くされる女になれますよ。

最後に3つのステップを再確認しましょう。

尽くされる女になるための3ステップ

  • 彼氏にお願いをする
  • 最高の笑顔で「ありがとう」を伝える
  • お願いをする → お礼と伝える を繰り返す

最後に一ついうと、大事なことは『彼氏への愛情が根本にある』ということです。

愛情を持てない婚活男性に甘えても嫌味な女性にしかなりません……。戦略的なテクニックは愛情があるからこそ意味があります。

お互いが尽くし尽くされる関係は幸せですからがんばってください。

それではー。

よく読まれています

※結婚相談所は評判のいいところを利用するのが婚活成功のコツです。
人気記事>>【最新版】30代の女性に評判の結婚相談所おすすめ3選【早く結婚したい人向け】


※出会えるマッチングアプリを使うと、お手軽に婚活ができます。
人気記事>>婚活をしたい女性におすすめのマッチングアプリ3選【年齢関係なし】


結婚を意識し始めたらゼクシィに登録しておくと便利

結婚を考えるようになったら早めにゼクシィに登録しておくと本当に便利。

「自宅近くのお店はどこにあるのーーー。わからないことはどこで調べたらいいの……(涙)」

結婚式場の見学、ブライダルフォトスタジオ予約、婚約指輪、結婚指輪の下見、エステ、他にも結婚に関することがぜーーーんぶ、簡単に調べられます。

いくら時間があっても足りないなかで、本当に助かるサイトだと思います。

オト
私はゼクシィに登録ていたおかげで、友達と比べてネットでお店を探す時間が10の1くらいですんで凄く助かった。
関連記事も多く読まれています!

-自分を磨く

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2020 All Rights Reserved.