婚活に関すること

仕事ができる女性が男性を見る目を否定から入ると結婚ができない

更新日:


konkatu-kyariazyosi2

こんにちは、オトです。

仕事ができる女性が男性を見る目を否定から入ると婚活の結果に凄く差がでるんですけど、そのあたりをまとめます。

20代30代と男性以上に仕事をがんばり同期の女性が寿退社していくなかで出世もして部下もいて給料もあがって……順風満帆の仕事に対するキャリアを積んだ女性。

しかし、結婚だけは縁がなく30代後半、40代になって結婚に焦っている人に読んでほしいです。

仕事ができる女性はその高い能力が原因で婚活に失敗することがあります。

仕事大好き女子の婚活の参考にしてください。


仕事ができる女性は婚活で苦労することが多い

konkatu-kyariazyosi1

一流の会社もしくは大手外資系などで働く仕事ができて年収も高い女性が30代40代になってきて婚活を始めると苦労することが多いです。

特に年収が800万円とか1000万円とかあろうものなら、

「自分より年収が高い人はちょっと自分には釣り合わない……。」

「もっと自分よりステキな人がいると思うので今回は遠慮します。」

とか言って男は引いてしまうこともとても多いのです。

オト
収入が違うと自分とは世界が違う人間と思ってしまうんですよね。

だからこそ、数少ない婚活での出会いのチャンスを大事にしないといけないのですが、仕事が出来る女性は能力が高いがゆえに自分で自分の婚活を潰してしまう人がいます。

もちろん、数少ないチャンスを生かす人もいます。そういう人との違い、そして仕事が出来るキャリア女子の婚活戦略・戦術をまとめます。

仕事ができる男性が婚活の対象になってくる

キャリア女子の場合は婚活市場に立った時点で、お見合いまで成立する男性の枠が狭いです……。

これは、アナタに問題があるのではなくて、エリートと呼ばれるキャリア女子を「自分には合わない」と男性が先入観から出会うことをためらうからです。

だからこそ、結婚相談所などを利用してもエリート男性、キャリア男子との出会いが多くなります。

これはより好みをしての結果ではなくて、同じ世界感ということで、男性からしてもキャリア女子とのマッチングに違和感がないからこそおきる結果になります。

オト
人って同じ世界感って大事ですよね。

結婚相手として年下男性を希望することが多い

キャリア女子が婚活で苦労する大きな原因の1つが「年下男性」を希望するということです。

「相手の年収にはこだわらないけど年下という年齢だけにはこだわりたい」

こうやっていう女性は多いです。子供が成人したときに男性が現役で働いていてほしいというのが年下を希望する大きな理由ですが、当然男性も年下女性を希望するので難易度は高いです。

特に40代女性が年下男性を希望した場合は……もう本気で難易度が高いのです。

どうしても年下男性を攻略したければこちらを参考にどうぞ
参考:40歳の婚活女子が年下の男性と結婚するための3つのステップ【苦労は覚悟しよう】

仕事ができる女性は男性を観察して終わるのかその後の対応をイメージできるかで大きく結果が変わる

konkatu-kyariazyosi3

仕事ができるキャリア女子の場合、その能力の高さからお見合いで、男性の色々な良いところと悪いところを感じ取る能力に長けています。

これはいい意味でも悪い意味でも婚活に影響します。

事例をあげて紹介します。

Uさん(男性)
年齢:40歳
仕事:国家公務員
年収:650万円
趣味:サッカー観戦、ダーツ

Uさんというキャリア男性と結婚相談所を通してお見合いをした2人のキャリア女子の実話です。

例1 上手くいかなかったAさんの場合

●私の友人であるAさんの場合

Aさん
年齢:42歳 
仕事:大手広告代理店(役職あり)
年収:800万円
趣味:料理、スポーツ観戦

キャリア同士が結婚相談所で出会い、お見合いの日取りもきまり顔合わせをしました。

その初の顔合わせの後日に私に電話がかかってきました。

「全然ダメだったよ〜、初めてのお見合いなのにヨレヨレの服で来たのよ。アイロンも全然かかってないし……。」

__「何よ、それくらい。別にいいじゃない、指をさされるほどのヨレヨレではないんでしょ?」

「何言ってるのよ……初の顔合わせよ。スーツとかジャケットとかでビシってするのが常識じゃん。」

__「まぁ、それはそうだけど……。」

「それに、服装の合わせ方もベルトと靴の色が違うし……常識がない人とは私無理だわ」

__「……。」


2回目の顔合わせはなくこの2人のお見合いは初回飲みで終了しました。


例2 上手くいったBさんの場合

●私の別の友人であるBさんの場合

Bさん
年齢:43歳
仕事:大手鉄鋼会社人事(役職あり)
年収:820万円
趣味:お菓子作り、カラオケ

BさんもAさんと同じ結婚相談所に登録していたのでUさんとお見合いをしました。

その初顔合わせのお見合いの後に今度は私から電話をかけました。

__「お見合いどうだったの?」

「うん~?いい人だったよ♪」

__「ステキな人?」

「そうだね、ステキな人だったね。あっ、でも服装がGパンにTシャツでお見合いに来た(笑)」

__スーツとかジャケットじゃなかったんだ……。

「そう(笑)、しかも、Tシャツがヨレヨレなの、(笑)」

__「そうなんだ、何この人(怒)……みたいにならなかったの?」

「全然!!!そりゃ、ヨレヨレの服はどうかと思うわよ。もし、結婚したら私がアイロンかけたり、服のシワを伸ばしてあげなきゃね(笑)」

それから1年後、BさんはUさんと結婚しました。

大なり小なり小さな問題点に気がつくのが仕事ができる女子、それをマイナスにとるか肯定的にとるか

どうですか?

同じようなら仕事ができるキャリア女子でも同じ男性に対しての対応も結果も全然違うことになりました。

・Aさん→「常識がない、ありえない……。」と男性を否定

・Bさん→「結婚したら私がアイロンをかけてあげよう」と自分が対応することをイメージして男性を否定しない

キャリア女子は能力が高いのです。だからこそ、人の良いところ、悪いところを瞬時に見抜く観察力をもっています。でも、だれでも良いところと悪いところがあります。

その悪いところを否定的な目でみるのか否定的な目でみないのかで、男性に対する評価は180度変わります。

オト
減点方式で男性をみるキャリア女性は婚活に失敗する

まとめ

konkatu-40sai-tosisita4

「仕事ができる女性が男性を見る目を否定から入ると結婚ができない」をまとめます。

●仕事ができる女性は婚活で苦労することが多い

・仕事ができる男性が対象になってくる
・年下男性を希望することが多い

●仕事ができる女性は男性を観察して終わるのかその後の対応をイメージできるかで大きく結果が変わる

・大なり小なり小さな問題点に気がつくのが仕事ができるキャリ女子
・男性の人間力を否定から入るタイプは婚活が失敗する
・男性の人間力を否定から入らないタイプは婚活が上手くいくことが多い

オト
仕事ができるキャリア女子は、収入や人間力の高さから婚活市場では男性が「俺よりもっといい人がいるよ」と引いて
しまいお見合いまでたどり着くのが一苦労だったりします。

さらに、お見合いになっても、その観察力で相手の男性の問題点にすぐに気がついてしまいます。

それを否定で入るか、否定しないかで、相手の男性への印象が良くも悪くもなります。

本来、仕事ができるキャリア女子がは気遣いができるタイプのハズです。だから、職場とはちょっと違う、肩のチカラを抜いた婚活をしてみてはどうでしょう?

その方がきっと上手くいきますよ。


よく読まれています

※結婚相談所は評判のいいところを利用するのが婚活成功のコツです。
人気記事>>【最新版】30代の女性に評判の結婚相談所おすすめ3選【早く結婚したい人向け】


※出会えるマッチングアプリを使うと、お手軽に婚活ができます。
人気記事>>婚活をしたい女性におすすめのマッチングアプリ3選【年齢関係なし】


結婚を意識し始めたらゼクシィに登録しておくと便利

結婚を考えるようになったら早めにゼクシィに登録しておくと本当に便利。

「自宅近くのお店はどこにあるのーーー。わからないことはどこで調べたらいいの……(涙)」

結婚式場の見学、ブライダルフォトスタジオ予約、婚約指輪、結婚指輪の下見、エステ、他にも結婚に関することがぜーーーんぶ、簡単に調べられます。

いくら時間があっても足りないなかで、本当に助かるサイトだと思います。

オト
私はゼクシィに登録ていたおかげで、友達と比べてネットでお店を探す時間が10の1くらいですんで凄く助かった。
関連記事も多く読まれています!

-婚活に関すること

Copyright© 結婚をして幸せになりたい人の婚活戦略 , 2020 All Rights Reserved.